住宅営業の売れる口癖 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅営業の売れる口癖

こんにちは。

今回は、お客様との商談の際に、効果的な
フレーズをご紹介したいと思います。

営業マンであれば、お客さんにいろいろな
説明をしなければならない場面がたくさん
あると思います。

中でも、特にお客さんに質問された場合は、
あなたはどんな説明の仕方をしている
のでしょうか?

私の今までの営業活動の中では、この言い方
だけはかなり自信を持ってお勧めできる、と
いうものがありました。

それを今でも口癖のように使っているのですが、

その言葉は、

『なぜかというと』です。

あるデータによると、全世界の人間の約30%は、
物事を理解してもらうのに、「なぜ」と言う事を
説明すると、理解しやすいと言われています。

ですので私は、お客さんから質問されると必ず、

「それは○○です。」

「なぜかというと、○○だからです。」

という風に答えています。

そうすると、お客さんも凄く解かり易いと、
言ってくれます。

しかも、「なぜかというと」の後は、例え話し
などを使って、出来るだけ詳しく説明します。

その例えばなしもちょっとした工夫が
必要なんですが・・・。

その工夫と言うのは、

お客さんの現実に沿った例えばなしをする
という事なんです。

現実に沿ったというのは、そのお客さんが
体験していそうな話だとか、

そのお客さんが、使っていそうな言葉を
使ったりする、という事なんです。

実際の例をあげてみます。

「玄関の近くにトイレがあると便利なんです。」

「なぜかというと、お子さんが家の近くで
 お友達と遊んでいて、

 お友達が急にトイレを借りたいと言ってきた時、
 
 家の奥にトイレがあると、家の中を通って
 トイレまで行かないといけないですよね。」

これは、お子さんがまだ小さいご家族向けの
例え話です。

それから、

「2階建てより平屋建ての方が、坪単価が
 高くなります」

「なぜかというと、同じ30坪の家を建てると
 すると(2階建ては総2階として)、

 基礎のコンクリート量と屋根の面積が、
 平屋建ての方が2倍になるからなんです。」

と、ほんの一例ですが、

とにかく、『なぜかというと』が大事なんです。

「そんなこと言われなくても分かってるよ。」

なんて思っているあなたも、もう一度自分の
トークを見直してみて下さい。

意外と慣れてくると、面倒なことですから。

それではまた。

追伸1

【たった一回の土地案内でお客さんの方から
 買付を入れたいと言ってくる方法】

と次世代集客セミナーを行います。

詳細はまた後日お知らせしますので、
お楽しみに。

お問い合わせは、こちらまで

→ charley.007x@gmail.com

追伸2

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

【たった一回の土地案内でお客さんの方から
 買付を入れたいと言ってくる方法】

無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/22-769cae36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。