住宅営業で今年振るわないあなたへ その6 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅営業で今年振るわないあなたへ その6

こんにちは、石川です。

またまた、前回の続きですが・・・。

さて、現場見学も終わりこの時点で99%は
決まっている様なものだと思いますが、

私には、本当に売る気が無かったんです。

というよりは、もっといろいろなものを見せて
あげて、そのご夫婦を感動させたり、びっくり
させたりする事が、私自身楽しくてしょうがなく
なったんです。

ですから、逆に契約してしまうと、この楽しみが
無くなってしまうんじゃないか?

と、思ってしまうくらいでした。

その後も、更に現場見学や工場見学など、とにかく
いろいろなところに連れ出しました。

そんな時に、突然そのご夫婦が、

「やっぱり実家の土地ではなく、今の家を建て
替える事にしました。」

と言い出したんです。

なぜかというと、

「実家の土地は凄い田舎なので、これから歳を
とった時に、救急車を呼んでも1時間もかかる
ようでは心配になったんです。」

「このままここに住めば、街中で便利だし子供達も
遊びに来やすいと思ったんです。」

という事でした。

私にとっては、現場が近いというのは好都合
なんですが、それよりもこのご夫婦ともっと
永く付き合える事の方が、嬉しかったんです。

そんな事があったので、次に敷地調査と地盤
調査を行う事にしました。

そして調査も終わり、その調査結果の報告に
伺った時の事です。

私は、調査報告書を見せながら、いろいろと
詳しく説明をしてあげました。

ちょうど一通り説明し終わった時の事です。

そのご夫婦の奥さんの方がいきなり、

「いったい、うちはいつ契約したら良いんですか?」

なんて言ってきたんです。

その時ご主人の方も、非常に穏やかな顔をされて
いたので、2人とも同意見だと感じました。

でも、私の方がびっくりしてしまって、言葉が
すぐに出てきませんでした。

私は慌てて自分の手帳でスケジュールを確認して、

「じゃあ、○月○日が大安ですから、この日に
しましょう。」

と言うと、そのご夫婦は間髪入れずに、

「わかりました。」

と答えてくれました。

私にとっては、その時久しぶりの契約だったん
ですが、なんかあまり実感がわきませんでした。

でも、私はこの時初めて

「この仕事って面白いな」

と思いました。

それまでは『売る』とか『契約』とか『成績』
という事ばかり考えていました。

しかし、それを忘れると本当に営業が楽しいと
思えるようになりました。

「そんな事言っても忘れられる訳ないですよ。」

なんて思っているあなた、

「わかります」

でも、あの時の私は捨て身でした。

正直言って、私は半年は捨てる覚悟を決めて
いましたから・・・。

それくらいのリスクは背負わないと、何も
変わらないと思ったんです。

途中で、転勤とかクビとか言われても仕方ないと
腹をくくっていました。

そこまで自分を追い詰めたお陰で、前年のどん底
からその年一気にトップになる事が出来たんです。

もしあなたが今、成績が振るわずに悩んでいると
したら、今が最大のチャンスです。

なぜかというと、どんどん失敗出来るからです。

今ならいくら失敗してでも、いろんな事を試す
事が出来るんです。

こんなチャンス滅多にありません。

成績が上がりだしたら、いろんな事を試せなく
なってしまいます。

営業というのは、ただ頑張れば成績が上がると
いうものではありません。

間違ったやり方をしていては、いくら頑張っても
結果には結び付かないんです。

ですから、いろいろ試して早く正しいやり方を
知って、無駄に悩む時間を少しでも減らして下さい。

解らない事があれば、いつでも聞いて下さい。

一緒に楽しくやりましょう。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けるとありがたいです。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/219-5e8e8b4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。