住宅営業の社会貢献と会社貢献 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業の社会貢献と会社貢献

こんにちは、石川です。

あなたは、何の為に仕事をしていますか?

よく仕事は社会貢献の為、なんて言われますが、
私は、勤めだして間もない頃は、今思えば

『社会貢献』ではなく『会社貢献』をしていました。

毎日義務の様に会社へ行き、上司の顔色を伺い、
上司や先輩に言われる事を、機械にでもなった様に
こなしているだけでした。

そして、成績の為、給料の為、生活の為、上司の
ご機嫌の為、会社の利益の為に仕事をしていたんです。

そうすると、いったい自分は何の為に生れてきて、
何の為に生きているんだろう。

なんて事を、考えてしまいました。

日本のサラリーマンの、平均的な生涯賃金は、
約2億円なんて言われますが・・・。

会社や経営者は、1年くらいでそれくらいは稼いで
しまいます。

私は、2億円もらって、自分の人生を売っている、
正に会社貢献以外の、なにものでもなかったんです。

それじゃあ、会社を辞めて独立すれば良いのか?

と言うのも一つの考え方ですが、何もそれだけでは
ないんです。

そう『会社貢献』ではなく『社会貢献』をする。

という考え方に変えれば良いわけです。

いくら会社に勤めていても、会社の部品の一部に
成る必要はありません。

自ら考え、創造していけば良いんです。

決して、お金や出世、成績、上司のご機嫌の為では
なく、「世の中の為やお客さんの為に自分は何が
出来るんだろう。」と考えるんです。

それが『社会貢献』になる訳なんです。

なんて、ちょっと硬い綺麗事の様な事を言って
しまいましたが(笑)・・・。

でも、本当に自分や会社の為でなく、人の為に
仕事が出来る様になると、奇跡が起こります。

お客さんはもちろん、それ以外の誰に対しても、
あなたが人を大切にすればするほど、あなたの
営業レベルは、知らないうちに高くなって
いるんです。

そうなると、成績、給料、生活、上司のご機嫌、
会社の利益なんて何にも気にしなくても、全てが
上手くいっています。

人は、どんなに好きなことでも、やらされると
嫌になってしまいます。

それに、やらされる事は殆んど身につきません。

ですから、もしあなたがこれを読んで、「自分は
『会社貢献』をしているなぁ」と思ったら、自分で
よく考えるという事を、やってみましょう。

「上司にこう言われたけど、こうやったらもっと
良くなるんじゃないか?」

という風にです。

別に「会社に逆らえ」という訳ではありません。

会社もお客さんも、みんながよくなる方法を、常に
考えれば良いんです。

会社や上司には、長い経験があるので、あなたが
考えた事をすぐに取り入れる事は、あまりないかも
しれませんが、1度で諦めずに、2度でも3度でも
チャレンジして下さい。

また、考える時も、私は一回考えた事を、人が聞いた
時にどう思うか?と自分の中でシュミレーションして、
わざと最初は否定してみます。

これを何回か繰り返していると、いろいろな考え方が
生まれてきて、だんだんまとまってきます。

例えば、

上司に「お客さんにDMを出したいんです。」

と言うと、なんて言われるかなぁ?

きっと「どんなDMを出して、どんな効果があるんだ?」

なんて言われると思うので、そう言われない様に、
最初から、

「こんなDMを出して、こういう効果が見込めるので、
お客さんにDMを出させて下さい。」

という風に言おう。

と、考えるんです。

これを何回も、自分の中でシュミレーションします。

まあ、ほんの一例ですが、

「どんどん自分で考えて、実行する。」

という事を、習慣付けて下さい。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/205-94b025fb