FC2ブログ

住宅営業はお客さんに何を話すのか? その7 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業はお客さんに何を話すのか? その7

こんにちは、石川です。

前回まで、いろいろなリサーチをするという
事をお話してきましたが、ここでちょっと
整理しておきましょう。

いろいろな人の話をしてみると、あなたの世界が
もっと広がっていきます。

例え、それが幼稚園の子供であってもです。

私自身も、自分の子供と話していると、いろんな
発見があります。

それは、幼稚園児や小学生というのは、こんな事を
考えているんだ、という事なんですが、

私もあなたも、子供の頃があったはずです。

自分でも通り過ぎてきた道なのに、大人になると
その時の気持ちなんか、すっかり忘れてしまって
いると思いませんか?

でも、ここが大事なところなんです。

私は子供の頃、大人というのは、「なんてずるい
生き物なんだろう」と思っていました。

なぜかというと、自分の失敗を棚に上げて、子供が
同じ失敗をすると、ひどく叱ったりしますよね。

ここで、大人と子供の感情に摩擦が起こると
思うんです。

子供の気持ちがわかっていれば、子供に対して
正直に誤るべきなんです。

何でこんな話をしているかと言うと、営業マンと
お客さんの関係も、これと同じだからなんです。

人はどうしても自分の感情にフォーカスして
しまい易いんです。

それはしょうがない事なんですが、営業マンは
しょうがないでは済みません。

ですから、いろんな人と話をして、いろんな
感情を知ってほしいんです。

それが、お客さんをコントロールする一番の
近道になるんです。

簡単なところから言うと、あなたの身近な人、
家族や恋人や友人など、

相手とのすれ違いが会ったとき、相手の気持ちを
理解しようとしてください。

相手はどんなことを考え、何をしたいのか?

その時どんな感情になっているのか?

あなたが、冷静になって観察するんです。

そして、相手の気持ちが理解できた時に、
どうすれば相手が納得するのか?

あなたが先に譲ってあげたり、いろんな事を
考え、テストしてみるんです。

私の妻は以前、泣き叫んで怒る事が、よく
あったんですが、

その時に、最初は一緒になって怒りました。

しかしそれでは、収拾がつかなくなって
しまいました。

そこで、他にもいろいろ試したのですが、
最終的に、

私が毅然とした態度で、まったく同様もせず、
じっくり聞いてあげたんです。

そうすると妻は、言いたい事を言うだけ言って、
落ち着きました。

そしてその後、抱きついて誤ってきたんです。

こんな風に相手に対して、理解を示して
あげると、そのあとの私の言葉もしっかり
聞いてくれます。

あなたは、お客さんに自分がしたい説明
ばかりしていませんか?

もう一度、あなたの営業をしっかり見つめ
直してみて下さい。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/201-e27ff709