住宅営業のコピーライティングスキル その2 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業のコピーライティングスキル その2

こんにちは。

『コピーライティングスキル』の続きですが、

前回お話しした準備は進んでいますか?

まだの場合は、もっとどんどん集めて下さい。

たくさん集めれば集めるほど、良いコピーが
作れます。

いいですか?

お客さんの感情がたくさん集まったところで、
まずはそれを、まとめていきましょう。

紙に書いてある人はそのままでいいのですが、
パソコンに入力している人は、プリントアウト
して下さい。

そして、すべてに目を通して共通する項目を
見つけていきましょう。

そして、同じような内容、言葉にマーカーで
印をつけていきます。

その中で最も多い内容があなたの最初の
コピーになるんです。

ここでコピーライティングに一番大事な要素
なんですが・・・。

それは『具体的』という事です。

例えば、

「広いリビングが欲しい」

という言葉が多いとすると、

この「広いリビング」という言葉だけでは、
漠然としていますよね。

新聞の折り込みチラシなんかで、もしあなたが
「広いリビングの家」なんて文字を読んだら
どうでしょう?

あなたの頭の中で、ハッキリとイメージが
湧きますか?

私にはとてもイメージできません。

そこで、コピーライティングスキルを使うと、

『真っ白な壁に囲まれた、ほぼ真四角で
 20帖ほどあるリビング。』
 
『その一面は床から天井までの、
 幅が約4メートル程ある大きな窓で、
 そこから朝日が眩しいくらいに
 差し込んできます。』

と、ほんの一例ですが・・・。

どうでしょう?

「広いリビングの家」

よりはぜんぜん具体的ですよね。

相手がイメージが湧いてくるように、
出来るだけ具体的に表現するんです。

私はテレビショッピングを見ているのが好きで、
ジャパネットさんなんかは、いつもすごいなぁ
と感心してしまうんですが、

何が凄いのかと言うと、

お客さんがその商品を買うと、こんな風に
使えます、

とか、

こんな時に役立ちます

とか、

非常にイメージを湧かせてくれます。

買った後の自分の姿をついつい想像して
しまいます。

やはり、凄く『具体的』なんですよね。

ただ単に、

この商品はこういう機能があって、
何パーセントオフで、

今ならいくらです。

だけでは駄目なんです。

そう、お客さんに強くイメージさせる事
なんです。

しかも、せっかくお客さんの感情を
聞いているので、

出来るだけ、あなたのお客さんの使っている
言葉を、同じように使ってみましょう。

例えば、ちょっと極端な例ですが、

お客さんが「居間」と言っていれば、
「リビング」ではなく、

あなたも「居間」という表現を使うんです。

お客さんが「わんちゃん」と言っていれば、
「ペット」とか「犬」ではなく、

「わんちゃん」という表現を使うんです。

そうすることで、あなたのお客さんは、
あなたの文章にピンと来て、読みたく
なるんです。

そして、もっと何回も訓練すれば、
あなたのお客さんは、あなたの書いた
コピーだけで、もの凄く欲しくなるんです。

そうすれば、お客さんの方から勝手に、

あなたと「契約したいんですけど」

なんて言ってくるんです。

奇跡が起こるんです。

まだまだ、もっと具体的にお伝えしたいん
ですが・・・。

あとは、個人的にいつでもご相談ください。

また次回をお楽しみに。

追伸1

集客コンサルティングを行っています。

たった1ヶ月で住宅展示場の集客率を
前月比200%にした、集客の極意を
試してみませんか?

無料ですので、お気軽にご相談下さい。

こちらまで→ charley.007x@gmail.com

追伸2

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

【たった一回の土地案内でお客さんの方から
 買付を入れたいと言ってくる方法】

無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/20-6aed9151