住宅営業のゴール - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業のゴール

こんにちは、石川です。

あなたは、お客さんと接する前にどんな事を
考えていますか?

私は、営業を始めて間もない頃は、ただ次の
アポを取る事くらいしか考えていませんでした。

そうすると、アポを取れた時に次に何をやったら
良いのか、とても悩みました。

というよりは、アポもなかなか取れなかったんですが・・・。

これは、なぜかというと、今思えば当時は契約を
取る事しか考えていなかったからなんです。

全く、自分本位の営業でした。

お客さんからすると、契約というのは、スタート
地点に立った、というだけなんですが、私達営業
からすると、ゴールの様な感覚があると思います。

お客さんのゴールは、家の完成でもなく、入居して
10年、20年という間のライフスタイルにある
と思うんです。

ここに、お客さんと営業マンの摩擦があります。

言葉で言うのは簡単ですが、実際、本当に身に
染みて解っている営業マンは少ないのが、現状
だと思うんです。

でもこれは、会社の方にも責任があると思います。

ノルマだとか、昇給だとか、昇進だとか、成績の
グラフがあったり・・・。

もちろん、それ自体が悪い訳ではないんですが、
先にこちらの利益を考えてしまう事が問題です。

今の時代は、会社が利益を追求するのは当たり前
という風潮になっていますが、元々仕事というのは、
人の役に立つ事をすることなんです。

字を見ても、『仕える事』と書きますよね。

ですから、会社の利益が先ではなくて、お客さんが
喜んで、満足して、そのお礼としてお金を払う、と
いうのが本来の形なんです。

私は、最高で20社の競合に勝った事もありますが、
なぜかというと、他のどの営業マンよりも、一番
お客さんの事を考えていたからだと思います。

私の会社より、値段が安かったり、家の性能が
勝っている会社もたくさんありました。

しかし、実際お客さんに後から、

「石川さんだけは、断れないと思った」

と、言われました。

でも、私が勝った最大の理由は、お客さんと目指す
ゴールが一緒だったという事なんです。

他の営業マンたちのゴールは、みんなアポを取る
事や、契約をすることだったんです。

ですから、私には最初から勝ちは見えていました。

今、これを読んでいるあなたにだけは、しっかり
理解して欲しいんですが、

本当に、契約をゴールにしている営業マンが殆んど
なんです。

このゴールを、お客さんと一致させる事だけで、
お客さんの方から、あなたに「お願いします」と
言ってくるんです。

この考え方さえ身に付ければ、自然と他社の営業マン
なんか気にならなくなります。

あなたは、他社の営業マンと戦っている訳でもないし、
ノルマや昇進の為に仕事をしている訳でもないんです。

相手は、お客さんです。

私も、売れる様になって来た時に思ったんですが、
給料をたくさんもらったり、上司に褒められたり
する事よりも、自分のお客さんが喜んでくれる顔を
見る事の方が、何倍も、何十倍も嬉しかったです。

そんな充実感を、あなたも味わえる様になって下さい。

それではまた。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/193-99b23e9a