住宅営業で何も話さないお客さん その2 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業で何も話さないお客さん その2

こんにちは、石川です。

ちょっと前回の続きなんですが・・・。

あなたは、日頃からお客さんの対応に上手く
いかなかった時、次の手を考えていますか?

もちろん、考えているとは思うんですが、
行き詰ってしまう事も多いと思います。

なかなか一人で考えていても、良い考えが
すぐには浮かんでこないと思います。

私もそうでしたので、よく解ります。

そこで、少し提案なんですが、

何にも話してくれないお客さんの、気持ちを
理解する為に、こんな事をしてみてはどう
でしょうか?

あなたが自分で買い物に行って、店員さんや
営業マンに、ブスッとした態度で、何も
話さない様にしてみて下さい。

すると、店員さんや営業マンはどんな対応を
してくるのか、観察するんです。

そして、その対応にあなたが、どんな気持ちに
なるかを試してみるんです。

余計なことは考えずに、素直にあなたがどう
感じるかです。

例えば、その店員さんや営業マンの対応が
「嫌だなぁ」と思ったら、あなたはそういう
対応をお客さんにしない様に注意します。

逆に、その店員さんや営業マンの対応に、
ついつい乗せられて、気分が良くなったとか、
興味を持ったとしたら、

その対応を、今度はあなたがお客さんに試して
みるんです。

こんな風に、遊び心で良いので、ちょっとだけ
気にしてみて下さい。

あとは、こんな事も試してみると面白いかも
しれません。

黙っているお客さんに、いきなり、

「すいません一つだけ教えて下さい。」

「私は別に売ろうとする気はないですし、
記名もしなくていいですから、何を知りたくて
来たかだけ教えてください。」

と、ストレートに聞いてみるんです。

みんな、他の営業マンは、怖がって、または
苦手意識を持っているので、聞けません。

そういうお客さんも、あまりそんな事を言われた
事が無いので、新鮮かもしれません。

それに、ストレートに聞いて、ストレートに
答えてくれたら、無駄な時間を節約する事にも
なります。

でも、やはりこれが正解というものはないので、
とにかく遊び心で、いろいろ試すという考え方を
覚えておいて下さい。

そう、遊び心が大事です。

真剣になりすぎると、上手くいかなかった時に、
ダメージが大きくなります。

ですから、常にテストです。

これが駄目なら、次を考えて、試してみよう。

というマインドが必要です。

如何でしょうか?

手法というのは、無限にあるんです。

ただ、全く新しい事を生み出す必要はありません。

今までの手法を、いろいろ組み合わせて、試して
みれば、上手くいった時に、それはあなたの手法
(ノウハウ)になるんです。

あなたのオリジナルです。

優秀な営業マンの本を読んでも書いていません。

人のノウハウより、あなたが考えたノウハウの
方が、何倍も何十倍も、あなたを助けてくれます。

チャレンジしてみてください。

それではまた。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/191-4782c8fa