住宅営業で何も話さないお客さん - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業で何も話さないお客さん

こんにちは、石川です。

前回の続きですが、

結構いると思うんですが、入ってきて何も
話さないで、ずっと黙ったまま見学している
お客さんって、どういう風に対処してますか?

私は、最初のうちは我慢比べの様に、こちらも
何も話さないで、少し距離を取って、ついて
いきます。

まだ、かけだしの頃は何とか話をしようと思い、
「今日は何を見に来たんですか?」とか、
「寒いですね。」なんて、いろいろと話し掛けて
見たもんですが・・・。

でも、だんだんいろんな事を試そうとする
様になったんです。

例えば、いきなり

「あっ、そういえば・・・。」

と、大きな声で脅かしてみたり。

別に内容はないんですが、なんか突拍子もない
事をしてみたりしました。

そうやって、自分で楽しむ様にしたんです。

よく、こういったお客さんはどうやって対応
したら良いんですか?

という質問を頂くんですが、

ハッキリ言って、絶対にこれ、という正解は
ありません。

ただ、言える事は、あなた自身が楽しんでしまう
という事が良いと思います。

というのは、こちらが困れば困るほど、そういう
お客さんは、心を開きません。

ですから、ここでも、なんか他の営業マンと違うな
と、思わせる様にしましょう。

具体的には、

どこの営業マンも、大抵そのお客さんが見ている
物に対して、

「このキッチンは、扉の仕上げにこだわってまして、
この光沢が、半永久的に持つんです。」

なんて、良い事しか言いません。

そこで私だったら、

「こんなキッチンはやめといた方が良いですよ。」

「高いだけで、実用性が無いですから。」

と言います。

どうですか?

こんな事言う営業マンには、滅多に会いません。

お客さんからすれば、衝撃的な営業マンです。

これで、黙っていたお客さんは、興味を持つ
様になります。

そう、人は普通と違う事には興味を持ちます。

でも、私がこんな事を言って、あなたが試して
みたとしても、すぐに上手くいくとは限りません。

全てはテストなんです。

何度もいろいろ試してみて、上手くいかなければ、
何が悪かったのか?次は何処を変えてみようか?

と、どんどん考えてみて下さい。

結構、楽しいもんですよ(笑)。

こういう「考え方」というのを、よく覚えて
おいてください。

それではまた。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/190-5d4b63a7