FC2ブログ

不動産営業の久しぶりのお客さん - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

不動産営業の久しぶりのお客さん

こんにちは、石川です。

先日、私の知人が賃貸住宅を探していると
いうので、一緒に付き合う事になった時の
お話です。

その知人は、不動産の知識が全く無かった
ので、一緒に見て欲しいと頼まれたんですが、

私も、賃貸の営業の事は、それほど詳しくは
なかったので、役に立つか分からないけど、
一人よりは二人の方が・・・。

という事で、付き合う事になりました。

でも、後から聞いてみると、実は一度一人で
行って、保証会社の審査に落ちてしまった
との事でした。

私もあまり知らなかったんですが、最近は
賃貸住宅も、保証人ではなく、住宅ローンの
様に、保証会社が保証する事が殆んどなんだ
そうです。

ただ、その審査基準は、当然住宅ローンとは
違うと思うので、何がいけなくて落ちて
しまったかは、分かりませんでした。

そんな話を聞いた私は、普通なら一回審査に
落ちた事を、黙っておこうと思うんですが・・・。

「いや、待てよ、審査会社はいくつもあるし、
審査基準も違う筈だから・・・。」

「その辺を、正直に教えてくれる、心ある
営業マンを探そう。」

と、思ったんです。

そして、インターネットで何件が探してみて、
すぐに電話で聞いてみました。

その電話で、私が仕掛けた事は、

その知人の状況と、一度、○○という会社の
審査で落ちていると言う事を、ありのままに
正直に話しました。

そうする事で、電話での対応だけで、相手の
営業マンが、渋っている感じなら、行ってみても
時間の無駄だ、という事が分かります。

案の定、最初に掛けた不動産屋の営業マンは、
かなり渋っている感じでした。

そして、3~4件目でしょうか、

若くて元気のいい声の営業マンが、

「頑張りますから、やってみましょう。」

と言ってくれたんです。

感じも凄く良かったんで、そこへ行ってみる
事にしました。

お店に着くと、その若い営業マンが外に出て
きてくれたので、すぐに分かりました。

そして、

「いらっしゃいませ、すぐに分かりましたか?」

なんて声をかけてくれて、凄く感じが良かった
ので、私達も「来て良かった」という気持ちに
なりました。

中に入り、早速、先程と同じ状況の説明をした
ところ、

「分かりました、とにかくやってみましょう。
やってみなければ、分かりませんので・・・。」

なんて、明るく言われたので、こちらもついつい
期待をしてしまうんですが・・・。

しかし、反面、「若い営業マンだから、あまり
分かっていないのかも?」とも思いました。

そして、実際物件も案内してもらい、

「では、書類を書いて頂きますが、以前は○○社の
審査で通らなかったんですよね。」

「あそこは、審査が厳しくて有名なので、今回は
△△社でやってみたいと思います。」

「この△△社は、結構審査は緩めなんです。」

「でも、やってみなければわからないので・・・。」

と言いながら、書類を差し出されました。

私の知人は、その営業マンに指導されながら、
書類を書いていきました。

その若い営業マンが言うには、「こんな風に
書いて下さい」と、嘘ではないんですが、
出来るだけ有利になる様な、書き方を教えて
くれていました。

私は、横で見ていて、

「なんか若いのに、なかなか優秀な営業マンだなぁ」

と思ってしまいました。

一通り書き終えると、その若い営業マンが、

「あとは、私が出来るだけ上手くやってみますから」

「是非、通ると良いですね。」

と言ってくれたので、私達も任せるしかない
と思い、お店を出たんです。

もう、夕方の5時になり、辺りも暗くなって
いたので、私達も解散して帰りました。

さて、この後の展開は、次回をお楽しみに。

それではまた。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/185-c0cb7599