住宅営業2011の準備 その4 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅営業2011の準備 その4

こんにちは、石川です。

今回は【2011の準備】その3までで作った
トークやツールを使う時の注意点をお話します。

注意点とは何かと言うと、あなたがどういう
感情でいたら良いのか、

また、喋り方や表情をどうやってコントロール
するかという事です。

まず最初に、お客さんと初めて会う時に、あなたが
あなた自身に、暗示をかけて欲しいんですが、

どんな暗示かと言うと、

「俺(私)は、営業ではない。」

「お客さんを喜ばせ、感動させるプロデューサーだ。」

と思って下さい。

ここで言う「営業ではない」というのは、販売を
する訳ではないという事です。

プロデューサーであるあなたは、まず、お客さんの
言葉、行動、視線、表情に細心の注意を払って下さい。

お客さんに興味を持って下さい。

「このお客さんは、どうしてここへ来たんだろう?」

「このお客さんは、どんな仕事をしているんだろう?」

という風に、お客さんではなく、普通に知り合った人

という感覚です。

聞きたいと思ったら、聞いてみれば良いんです。

この時、あなたの心の中に、『成績』とか『給料』
なんて思いがあれば、あなたの表情や言葉に、
必ず現れ、相手に感じられてしまいます。

何も売る訳ではないので、自然に、ごく普通の
会話をすれば良いだけなんです。

そして、準備したトークを使ってみて下さい。

普通にです。

ごく普通に、言葉づかいは丁寧でも、気持ちは
仲の良い友達とでも話す様な感覚です。

そう、会話を楽しむんです。

「お客さんが、もっと警戒したら・・・。」

「お客さんが、答えてくれなかったら・・・。」

なんて考える必要はありません。

あなたが、思っている事は、

「どんな反応をするんだろう?」

と、いうことだけです。

例え、お客さんが起こったとしても、嫌な顔を
したとしても、あなたは凹む必要もなければ、
ムカつく必要もありません。

なぜかというと、そんな感情を持つこと自体、
誰にもメリットが無いからです。

ただ単に、

「これを言ったら、こんな反応するんだ。」

という事実だけを、脳にインプットするだけです。

いいですか?

こうして、あなたの感情面の準備もして
おきましょう。

次回はもっと、深い会話の話をします。

お楽しみに。

それではまた。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/169-67fe03b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。