住宅ローンを通りやすくするコツ その3 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅ローンを通りやすくするコツ その3

こんにちは、石川です。

今回は、銀行へ行く前に簡単に分かる判断基準を
お話しします。

実は私、以前金融会社に勤めていた事があり
まして、そんなに長くは勤めていなかったん
ですが、でもそこで、金融機関が融資をするか
しないかを判断する考え方を身に付けました。

本当はあまり教えたくはないんですが、あなたに
だけ特別にお話しします。

そもそも、金融機関と言っても、実際に判断して
いるのは、私達と同じ人間です。

決して、機械が判断している訳ではないんです。

そう、人間には機械と違って、感情もあれば、
間違いもあります。

だから、間違えさせる様にするという訳では
ないんですが、

少しでも有利にする事は、出来ると思うんです。

そこで、まず知っておいてほしいのは、次の
3つの判断基準なんです。

・属性

どんな会社に何年勤めていて、収入はどれくらいか?
という事です。

当然、会社の規模が大きく、勤続年数が長く、
年収が多いほど評価は高いわけです。

・担保

土地や建物の評価という事ですが、もし万が一の
事を想定して、評価額以上は貸してはくれません。

新築の場合は、この担保評価によって、希望融資
金額を下回るという事はあまりないので、心配ない
と思います。

・自己資金

土地や家の購入に、いくら現金を使えるかという
事ですが、やはりたくさん出せる人ほど、お金を
溜める能力が高い人だという見方をされ、信用度は
高くなります。

以上の3つなんですが、

これは、あくまでも金融機関の判断基準ですので、
私個人的には、こういう人の見方は好きではないので、
ご理解下さい。

それで、この3つのうち、1つがあまりよくなくても、
2つが基準を満たしていれば、だいたい借り入れは
可能です。

でも実際は、新築の場合、担保評価はあまり気に
しなくて良いと思いますので、残りの属性と
自己資金のうち、1つが基準を上回っていれば、
可能性は高いという事になります。

因みに、私の判断基準として、属性は従業員数
10人以上の会社に正社員で1年以上勤めていて、
年収300万円以上、

または、

自己資金が土地、建物の総額の20%以上の
お客さんであれば、頑張ります。

どう頑張るのかと言うと、銀行の担当者を上手く
動かすんです。

その方法は・・・。

ちょっと長くなってしまうので、また次回に
お話しします。

それではまた。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/137-f347184f