究極の住宅営業トーク - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の住宅営業トーク

こんにちは。

4月ももう半ばを過ぎてしまいましたが、
あなたの成績は如何ですか?

住宅エコポイントも始まり、私たちには
少し追い風になってきているんじゃ
ないでしょうか?

もしかしてあなたは、

「そんなことくらいじゃ成績は上がらないよ」

なんて嘆いてはいませんか?

営業は常に前向きに物事を考えたいものですね。

私の場合は、来るお客さん全てが私と契約
してくれると、いつも錯覚していたもんです(笑)。

さてそろそろ今回の本題ですが、

そう、【究極の営業トーク】です。

あなたはお客さんといつもどんなふうに会話
をしていますか?

特に今年狙う、

【土地無し客】

との会話なんですが・・・。

じっくり目を見て話していますか?

それとも何か資料などを見せながら
話していますか?

ちょっと復習になりますが、

以前、「話すよりも聞け」

というお話はさせて頂いたのを、
あなたは覚えているでしょうか?

そう、話すと言ってもまずは「聞く」ことが
一番なんですが・・・。

お客さんの話を聞いてから、そのお客さんが
一番知りたい事を話して下さい。

そして、今までいろいろ試した結果、

一番効果的な話し方は、

「書く」です。

正確には、書きながら話すという事です。

なぜかと言うと、人間は目の前で会話している人が
何かを書き始めると、

必ず、目で追いかけるのです。

そして、何社もの展示場を見て、何人もの
営業マンの話を聞いているお客さんの脳に

深く印象付けることが出来るんです。

あなたがどんなに良い話をしても、
どんなに良い会社でも、
どんなに良い商品でも、

口で言っているだけでは、他の会社の
営業マンと何ら変わりない、
後で思い出されることのない営業マン
になってしまうんです。

ではいったいどういう事を書いて見せて
いるかと言うと、

やはり一番強調したい特徴を、
大きな文字で書いて下さい。

例えば、

あなたの会社の特徴が、構造的に絶対の
自信を持っているのであれば、

「構造的に絶対の自信」

と書きながら話してみて下さい。

必ず大きな文字で、です。

私の場合は常に接客する時は、

A3のプラン用紙持っていました。

何か図を書いて説明する時にも大変便利です。

ためしに社内の人間に何かを話す時に、
図を書いたり、文字を書いたりしてみて下さい。

必ず、相手の理解度や印象に大きな差が出ます。

さあ、今すぐ行動を起こして、他の人に差を
つけましょう。

まとめると、

ステップ1:A3サイズのプラン用紙を用意する。

ステップ2:身近な人と話をする時に、強調したい
      言葉を大きく書いたり、図を書いて
      説明して見る。

ステップ3:後でその人に印象を聞いてみる。

ステップ4:練習通りにお客さんに使ってみる。

こんな感じですが、特にステップ2があなたに
とっての大事なエクササイズになりますので、

いろいろな人で練習して見て下さい。

それではまた。

追伸

あなたにもし少しでもお時間があれば下の
簡単なアンケートに答えてもらえると、

大変うれしいです。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/10-c93f0143

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。